前へ
次へ

多様性が求められる教育の変化

従来の教育は、一般的に多くの方が普通高に進学し、大学では経済学部など、経済に必要な知識を学ぶ傾向が強くありました。ただし、今後、現れる可能性の高いAIによって、理系よりの職が激減する可能性も高いと言われています。教育改革によって、普通高に変化が現れており、様々な分野の特徴を持つ高校が増えているのです。高校の中には、専門学校で学ぶ様なグラフィック関係の内容を取り始めている学校もあります。今後は環境に対する意識も高まりやすい時代であり、環境に特化した学科を設けている学校もあるのです。ドイツでの教育システムは、10歳で専門職の道か普通校に進学し、進学をするのかの選択をしなければならない話があります。しっかりと、学ぶ期間を設けて質の高い人材育成に成功を納めているものであり、今後の日本の教育システムでも現れるかもしれません。価値観の多様化は、自分の学びたい学問の選択肢が広がる傾向もあり、質の高い人材育成に力を発揮してくれるでしょう。

Page Top