前へ
次へ

災害があった時にどうやって教育を行うか

大規模な地震が起きると都市機能が麻痺し、人々は復興を優先した生活をしなければいけません。もちろんその地域にも子供たちが住んでいますが、学校は避難所として使われたり場合によっては倒壊して利用できないときもあります。学校が空いている状態でも子供たちが集まって先生の授業を聞くことはできないかもしれません。その状況が一時的であれば教育を受ける機会が得られるでしょうが、長く続くようだと子供たちはその間教育を受けることができません。災害があった時に子供たちにどうやって教育を行っていくかは大きな問題で常に考えておく必要があります。災害だけでなく感染病の蔓延などで登校できない日が続くこともあり、その時に授業が長期間行えなくなる時もあります。一部の学校においてはネットを通じて授業を提供する仕組みを用意していますし、海外においてもネットを通じた授業を一般化しているところもあります。日本でも災害時でも授業が提供できる仕組みを用意しなければいけません。

Page Top