前へ
次へ

教育というものの意義を考える

教育というのはとても幅が広く一概に言うのは難しいのですが、この言葉を聞くと多くの人は学校で子ども達が

more

余裕がある場合は教育の幅を広げる

社員を対象に教育を行う場所が非常にたくさんありますが、ある程度お金を使うことができる場合は社員だけで

more

商品知識を身に付けるための教育を行う

新入社員の場合はしっかりと社内で取り扱っている商品の知識を身に付けてもらうために教育を行うようにしま

more

質問できる子を育てる教育を

人間は質問できる人とそうでない人がいます。わからないことを聞くことができる子は、勉強でもわからないところをそのままにはしません。プライドがあったり、聞くのが苦手な子は勉強でもわからないままになってしまいます。自分で調べて、最終的に理解ができれば良いのですが、そうでない場合は基本がわからないので応用もわかりません。これは勉強だけに限ったことではなく、知ったかぶりをすると性格が悪く見られたり、人間関係が悪くなってしまうこともあります。聞くことが恥ずかしくないと親が子供を教育することも大切です。小さな時にトイレの場所を子供に聞かせたり、お店で注文させたりすることも質問できるようになる一歩です。いつも親があれこれしてしまうと、子供は自分でできません。その結果、コミュニケーションが取れなかったり、聞くことができなくなります。もちろん、混雑しているのに迷惑をかけてしまうのは良くないですが、できるだけ子供に聞く力を身に着けることは、将来に大きく影響します。聞くことは恥ずかしいと思わないようにするには、小さな時からたくさん聞くことで慣れるのが一番良いです。

コンクリートの補修を依頼するならカメレオン

自動検査機を依頼するならオーテック
国内外のメーカーからの信頼性も高い外観検査機を多数制作しています。

外観検査機の製造はオーテックにおまかせ!

オーテックはニーズに応じた精密加工機を制作します
企業様それぞれのお悩みに対応した精密加工機を高い技術で実現します。

ある程度成長してしまってからでは遅いのかというと、そういうわけではありません。中学や高校、大学生でも大丈夫です。中学生以上になれば子供同士で出かける機会も増えるので、人馴れしやすい環境になります。また、高校生以上はバイトで人と接する機会を増やせます。教育と言っても、勉強できる学校や家庭だけではなく、社会でもたくさんの経験ができます。聞くことが恥ずかしくないとわかれば、わからないことをどんどん聞いて吸収できる。そうなれば、今まで止まってしまっていた苦手な部分も勉強しなおせる可能性は高くなります。受験勉強時に個別の塾でわからず通り過ぎてきたことを聞いたら、一気に偏差値が上がる子もいます。子供が躓いたり、立ち止まったりしたときに聞きやすい環境を作れるように背中を押してあげてください。そうすることで、子供もストレスや負担にならずに聞くことができます。

Page Top